麻倉未稀の乳がんは番組「名医のTHE太鼓判」で発見された。


麻倉未稀の乳がんは、5月22日に放送されたTBS特番「名医のTHE太鼓判」の企画で人間ドックを受診したことが乳がんを発見するきっかけになりましたね。

麻倉未稀さんの左胸部に発見されたしこりは約2センチのものが二つあったそうですね。早期発見だったので、他の部位に転移していなかったのが幸いです。

名医のTHE太鼓判は、MCが、山瀬まみと渡部 建(アンジャッシュ)。番組内容と山瀬まみの出演を見るとNHKで放送されていたためしてガッテン!とかぶりますね。

麻倉未稀さんは、人間ドックを5年間ほど受診していなかったとのこと。なので、過去に乳癌の兆候はなかったので、気軽に人間ドックを受診したと麻倉未稀さんがコメントしいました。

名医のTHE太鼓判の番組内では麻倉未稀さんの現在の心境とは今後の乳癌への治療方法などが明らかにされました。

麻倉未稀の乳がんが番組で発見され、号泣!!

麻倉未稀さんは、自覚症状が全くなかったので、お医者さんの乳癌の宣告には落胆したということですよ。そして、その日、麻倉未稀さんは旦那さんの前で大泣きしたらしいですね。

そりゃそうですよね。女性にとっては大事な左乳房がすべて摘出されるのですから、ショックで大泣きしてしまうのは当然のことです。

しかし、麻倉未稀さんの場合はご主人の前で大泣きした後、気分がすっきりして、落ち着いて前向きに考えられるようになったと言ってましたね。

ご主人の力は大きいですね。1人で問題を抱え込むと、鬱病になったりしますもんね。

麻倉未稀の乳がん手術は無事完了!!

歌手の麻倉未稀さんの乳癌の手術が2017年6月22日に行われました。麻倉未稀さんの公式ブログで報告されていました。

麻倉未稀さんが6月22日に受けた手術は、4時間半の長時間にわたるものでした。麻倉未稀さんの左乳房の全摘出と再建手術が行われたそうですよ。

7月14日には、東京下北沢で庄野真代とジョイントライブを開催されました。左乳房を全摘出したので左胸が突っ張って左手を上にあげられないとコメントしていました。

スポンサーリンク