高田 純次の年齢は?

高田 純次(たかだ じゅんじ )さんは1947年1月21日生まれの2017年6月現在で70歳です。見た目が若いので、とても70歳には見えませんね。

やはり芸能人は、気持ちが若いので、一般人の方より実年齢よりも見えますね。照明の加減も手伝ってシワがわかりにくくなってるので余計、若く見えますね。

高田 純次は年齢が30歳のときに芸能界入り!

1977年の(当時30歳)の時に、劇団「東京乾電池」に入団 しました。柄本明、ベンガル、綾田俊樹によって結成されたのが「東京乾電池」です。

高田純次さんはたびたび東京乾電池の舞台を見に行っていたそうですよ。テレビ番組で高田純次さんが東京乾電池時代の話をよくしてました。

東京乾電池に入団する前から柄本明、ベンガルさん達と飲みに行っていたそうですね。その成り行きで東京乾電池に入団したみたいです。

1982年の(35歳)でテレビ「笑っていいとも!」に出演しました。1985年の(38歳)時にはテレビ「天才たけしの元気が出るテレビ」に出演されています。

そう考えるとすごいスピード出世ですね。芸能界というのは、努力も必要ですけど、それ以上に持って生まれた才能の部分が成功の比重が大きいです。

なので高田純次さんは、天性のお笑いの才能があったのでしょうね。

高田 純次は年齢が4歳のとき実母が病死!

実のお母さんは、高田純次さんが4歳の頃に病死して亡くなったそうですね。32歳と若いです。高田純次さんはちっちゃかったので、記憶はないでしょうね。

そして、高田純次さんが生まれる前にお兄さんが肺炎で亡くなってたみたいです。なので、戸籍上は次男になりますね。

高田純次さんの父親がその後再婚しました。後妻の間には腹違いの弟と妹が存在しますね。高田純次さんは、実の母親の記憶がないので、再婚相手の女性が本当の母親だと、父親から伝えられるまでは知らなかったと思います。

芸能界での売りは、「Mr適当」、「ミスター無責任」といい加減な面が強調されてますけど、さすがに幼少時代は、最高の相手の奥さんが実の母親でないと告げられた時は相当ショックだったでしょうね。

スポンサーリンク