高山善廣 診断結果に愕然としましたね。

2017年5月4日、DDT豊中大会にてヤス・ウラノに前方回転エビ固めをかける際に頭部を強打し、頸髄損傷と診断されましたね

頚椎には様々な神経が通っています。細い繊維みたいな感じですね。非常にデリケートで、一度損傷してしまうと回復することは不可能ですね。

プロレスの選手は、バックドロップやジャーマンスープレックスなどの首に負担がかかる危険な技を多用します。そのような首に負担がかかる技をかけていると、頚椎と頚椎の間のクッションが、破損して頚椎の中の神経が断絶してしまうことがありますね。

高山選手の場合は、長年のプロレス人生で相当頚椎が傷んでいたんでしょうね。高山選手の得意技は、エベレストジャーマンスープレックス。相手にもダメージを与えますが、自分の首にも負担が相当かかりますからね。

高山善廣選手の手術を担当した医師によると、回復の見込みがなしという判断がくだされましたね。つまり、首から下の神経が麻痺しているので、動かない状態で今後、生活することになりそうです。

以前 FMW のハヤブサ選手が頚椎損傷して車椅子生活になりましたよね。プロレスリングのノアの社長であった三沢選手も、同じですね。

高山選手は、現在、絶望5的な状態ではありますけど懸命なリハビリを行っているみたいですよ。一時期は心臓が停止したり、呼吸が自力でできない状態にもなったそうですね。一般人の人であれば間違いなく、命はなかったかもしれませんね。

DDTが中心となって高山善廣選手の支援団体を設立することも発表されてましたね。プロレスラーとしても非常に仲の良い鈴木みのる選手が涙ながらに高山選手について記者会見で語ってましたね。

高山善廣はプロレス界の二大巨頭にもかわいがられた。!

高山善廣は、プロレス界の二大巨頭といわれるジャイアント馬場やアントニオ猪木が、高く評価したプロレスラーですね。UWF インターナショナルから、全日本プロレスに参戦している時もジャイアントロボは、高山に目をかけていたそうですよ。

ジャイアント馬場とはよく食事に出かけていたみたいですね。高山善廣は日本人の選手で196cm と非常に高い身長誇ります。自分と同じような背の高い選手なので親近感があったんでしょう。

アントニオ猪木も、新日本の会長をしていた当時、「プロレス界で一番もっともらしいプロレスラー」と評しており、気に入った者しか連れて行かない「イノキアイランド」にも招待したそうですね。

高山善廣の趣味はフィギア集め!

高山選手の趣味は、フィギアやプラモデル、おもちゃなどのコレクションです。高山選手の部屋には沢山のコレクションが見られますね。高山選手の公式サイトに行けば見れますよ。

高山善廣本人も「大学を卒業して田宮模型に入社していたら今の自分はなかっただろう」と語ってましたね。確か、タモリさんの深夜番組に田宮模型のラジコンについて詳しく語ってましたね。

スポンサーリンク