高山善廣 相手

高山善廣選手が頚椎損傷のけがをした対戦相手はヤス・ウラノです。高山選手のような大きな体と体重では、難しい技かもしれませんね。

ヤス・ウラノには非はありませんね。なぜなら高山善廣選手が、自分で前方回転エビ固めをかける際に頭部を強打しておったけがだからです。

高山選手のような大きな体と体重では、難しい技かもしれませんね。軽量級の選手がよく使う技ですからね。失敗して、自分の頚椎に全体重がかかり、頚椎の中の神経を損傷したんでしょうね。

ヤス・ウラノ選手に対しての批判がネット上に蔓延ってますけど全く罪がありませんからね。高山選手も自分が悪いと当然思ってると思いますからね。

高山善廣は常識人です。

高山善広さんは、プロレスの解説や記者会見では、強面で激しい発言が多いですけが、普段はすごく礼儀正しい常識人です。

自分より年下でも、プロレス経験が食いであればさん付けで呼んでますね。例えば、 UWF インターナショナルの垣原賢人は、高山選手よりも六つも年下ですが、キャリアは、垣原賢人のほうが上なので、敬語ですし。さん付けですね。

直属の先輩にはさん付けが多いですね。しかし最近は、同年代のプロレスラーに対しては、愛称で呼ぶことが多くなりましたね。

高山善廣は喘息持ち

高山善廣戦士は小さい頃から喘息持ちだそうですね。喘息を直すには運動するのが一番ということで小さい頃は剣道をやっていたそうですね。そして、高校時代はラグビーをやってたそうですよ。

プロレスラーになった25歳のときは、喘息は収まっていたそうですね。しかし、3年から4年。経過してから再び喘息が発症したそうですよ。確か。 UWF インターナショナルが崩壊する時期とかぶりますね。新日本プロレスとの対抗戦をやったりしていた時期ですからね。いろいろとストレスがかかり、喘息が再発したんでしょうね。

現在は、吸入薬により症状をコントロールしている。しかし高山選手は、喘息があったからこそプロレスのチャンピオンになれたし。プロレスラーになろうと思ったと言ってましたね。

もともと体が弱かったので、体を鍛えるためにトレーニングしていたことがプロレスラーへの憧れへと変わっていった。

そして、プロレスだけではなくて役者もやったり多方面で活躍する現在の高山善廣がありますね。

スポンサーリンク