関口 宏の嫁は元芸能人

関口 宏の嫁は元芸能人の西田 佐知子(にしだ さちこ-)1939年1月9日、大阪府大阪市城東区生まれ。旦那さんは、東京フレンドパークや数々の司会業で活躍中の関口宏さん。息子さんは関口知宏さんです。

代表作は1962年発売の「アカシアの雨がやむとき」。「アカシアの雨がやむとき」は第4回日本レコード大賞特別賞を受賞。当時は60年代の安保闘争でした。曲調が当時の世相を見事に表現していたので、シナジー効果で大ヒットした経緯があります。

そのあともレコードを販売したり、歌手活動を積極的に行ってきました。関口宏さんと結婚されてからは、芸能活動をセーブしていました。

1982年以降は、専業主婦になりました。

関口 宏の嫁はきれい?

芸能界で活躍されている頃の西田佐知子さんは綺麗でしたね。いしだあゆみさんにちょっと似てますね。

もともとは関口宏さんが西田佐知子さんの大ファンで、バラエティー番組で共演した時に熱烈にアピールして交際までこぎつけたそうですね。

現在、司会業で落ち着いた姿からは想像できませんが…。

関口 宏の嫁の現在?

西田佐知子さんは現在闘病中とのことです。西田佐知子さんは現在70代後半なので、病気になるのは致し方ないのかな?

ネット上では統合失調症ではないかと?の口コミがありました。長期間の通院が必要なので、関口宏さんは、以前の豪邸を売却して、病院が隣接している港区の高級マンションに引っ越したそうですね。

統合失調症とは幻覚や妄想、引きこもりの症状が起こるみたいです。鬱病のような症状ですね。

しかし良い治療すれば、完全に治る病気です。それには家族の支えが大事になります。関口宏さんなら包容力があるので、大丈夫でしょう。

スポンサーリンク