鈴木 杏は子役からデビュー


鈴木 杏は1995年の8歳の時に芸能界デビューを果たす。瀬戸朝香主演、テレビ朝日系列で1995年10月放映されたテレビドラマMissダイヤモンドでドラマデビューしました。

鈴木杏ちゃんの子役時代の画像はこちらをクリック


鈴木杏さんの存在を一躍世間にアピールしたのは、主演が豊川悦司のTBS系のテレビドラマ「青い鳥」。鈴木杏さんは町村誌織 役で夏川結衣さん演じる娘役を演じて、世間からの注目を浴びますね。

当時の鈴木杏さんは非常にかわいくて、子供なのに演技がうまかったですね。

鈴木杏さんは1999年の12歳のときに、 イーサン・ホーク主演の「ヒマラヤ杉に降る雪」でハリウッド映画デビュー。工藤夕貴さんの幼少時代を演じました。

監督のスコット・ヒックスも鈴木杏さんの演技を絶賛してました。

あとは、2000年に大塚製薬のポカリスエットの CM が、鈴木杏さんの印象を世間に知らしめましたね。こんな美少女が日本にいたなんて!びっくりしましたね。

鈴木 杏は子役から大人になりました。

鈴木杏さんは1995年のテレビドラマ、Missダイヤモンドに出演されてから2017年7月現在で芸歴が22年になりますね。鈴木杏さんは8歳から芸能界で活躍しているので、履歴が長くなるのもうなずけます。

2011年には鈴木杏ちゃんが体当たりの演技で挑んだ主演映画軽蔑も世間から話題になります。一糸纏わず撮影に挑んだ鈴木杏さんの迫真の演技が堪能できましたね。

2015年には井上真央が主演したNHK大河ドラマ花燃ゆで辰路役を演じる。広末涼子が急遽お子さんを出産するということで、鈴木杏ちゃんに代役が回ってきて、見事に演じきりましたね。

代役は決まってからは、世間からは様々な批判を浴びた鈴木杏さんでしたが、実際に NHK で放送されると、絶賛されてましたね。

現在は30歳になり、大人の魅力も備わってますます目が離せない女優になってますよ。

鈴木 杏が子役になるきっかけは?

鈴木杏さんが芸能界に入るきっかけは、ご両親です。鈴木杏さんの両親が大の映画、ドラマファンでした。なので、鈴木杏ちゃんは小さい頃から週末には、ご両親が映画館に連れて行ってたみたいですよ。

その経験から、鈴木杏さんは「自分もテレビドラマや映画に出てみたい!」と思うようになりました。当時から鈴木杏さんは可愛かったので、芸能事務所にすんなり入ることができました。

やはり、幼少期の両親の影響は多大ですね。一番身近にいる存在の両親の趣味嗜好によって、子供の人生が決まりますからね。

スポンサーリンク