鈴木亜美 トラブル告白

歌手の鈴木亜美(35)が18日放送のカンテレ「快傑えみちゃんねる」に出演し、デビューして間もない18歳の頃の裁判の話について詳細に語ってくれてましたね。

その裁判の内容とは、

2000年12月には脱税事件により信頼関係が崩壊したとして、所属事務所でマネジメント契約を結んだエージーコミュニケーションおよび専属契約を結んだミュージックトライブに対して「契約終了の確認」とレコード会社や広告代理店などから事務所に支払われた大もとの「契約出演料明細の交付」を求め、鈴木本人と親権者である両親が東京地裁に民事訴訟を提起した(委任契約終了確認等請求事件。当時鈴木は18歳で未成年であった為)。=中略=2001年7月18日、委任契約終了確認等請求事件の判決で、東京地裁(金井康雄裁判長)はエージーコミュニケーション、ミュージックトライブとの「契約終了」については鈴木側の主張を認め、「明細の開示」については認めないとした。上告しなかったことから所属事務所との契約終了については確定。法的上、歌手以外の活動は事務所から独立してフリーランスになった。しかしSMEJとの訴訟は係争中のままであり、受け入れる新たな事務所も無く、芸能活動は停止したままとなった。なお、一連の訴訟には鈴木本人は姿を見せなかった。

参考サイト Wikipedia

結局は鈴木あみ側が勝訴します。しかし、上記を見てもわかるように受け入れる事務所がなかったので、活動停止を余儀なくされてましたね。鈴木亜美自身は、事務所との和解が成立し、すんなりと裁判が終了すると思っていたみたいですよ。

しかし、ずるずると裁判が長引いたみたいですね。やはり、裁判ざたになるとお互いが意地の張り合いになりますから、長引いてしまうのは仕方ないことですけどね。なので、鈴木亜美は、絶頂期に活動停止の危機にも追い込まれましたね。まあ自分で起こした裁判ですから、自業自得ですけどね。

裁判費用を稼ぐために、鈴木亜美は写真集を発売したらしいですね。ちなみに裁判費用って幾らかかるんでしょうかね?裁判の内容にもよると思うんですけども、一般人の人であればあまり馴染みがないので裁判費用については、知識がありませんからね。

しかし鈴木亜美が裁判費用を捻出するために写真集を出すくらいですから何百万単位でお金がかかるんでしょうね。

当時はまだインターネットが出ただったのでネットでの口コミはそれほど広がってなかったと思いますね。現在、同じ状況であればかなりひどい状況になってると思いますけど。2000年前半であればテレビや写真週刊誌などの激しい攻勢にあったでしょうね。

鈴木亜美も当時のバッシングについて快傑えみちゃんねるで語ってましたね。テレビをつければ私の悪口のニュースばかり。外に出れば出るんでカメラマンに追いかけ回される始末。あいにくには、自宅のドアを壊されちゃったりとかさんざんな目にあったみたいですね。

今だから笑い話として話せますけど、当時は大変だったことが予想できますね。現在はエイベックスに所属して活動を続けてます。

鈴木亜美の仲が良い芸能人とは

 

鈴木亜美が芸能界で仲の良い芸能人は、宇多田ヒカル、深田恭子や篠原ともえです。鈴木亜美が1982年生まれなので、3人とも年齢が近いですね。深田恭子は1982年生まれ、宇多田ヒカルは1983年生まれ。篠原ともえは1979年生まれです。ちなみに篠原ともえ徒歩仲良くなったきっかけはテレビ番組で共演したのがきっかけみたいですよ。確か堂本兄弟かな?

このメンバーを見ると TV 画面からは大人そうなイメージがありますけど。しかし、女の子同士ではよく話しますからね。

鈴木亜美の家族とは

 

鈴木亜美は、両親と姉と妹がいる3人兄弟です。ちなみに両親と鈴木亜美は、同じ2月生まれということですね。なので、2月は、誕生日が沢山あって家族もにぎわいますね。

鈴木亜美の裁判があった当時は、鈴木亜美自体が18歳の未成年だったので、家族が裁判を起こすという形になったみたいですね。

鈴木亜美と言えばアミーゴという愛称で呼ばれています。どういったきっかけでアミーゴと呼ばれるようになったかというと鈴木亜美の小学生時代の担任がアミーゴと勝手にあだ名をつけていたということですよ。

ちなみに小学生時代は少林寺拳法をやっていたということです。何で少林寺拳法だったんでしょうね?礼儀作法を身につけるなら空手道場とかが一般的ですけどね。多分、鈴木亜美の実家の近くに少林寺拳法の道場があったんだと思いますよ。

スポンサーリンク