赤井 英和の娘とは

赤井 英和の娘とは前妻との間に授かった娘さんです。名前が赤井 沙希(あかい さき)、1987年1月24日生まれ。身長は174cm

2006年に旭化成せんいキャンペーンモデルに選ばれたり、『クイズ!ヘキサゴンII』では「おバカ6人組」として、活躍してました。

また2009年にはK-1イメージガールも務めています。

赤井 英和の娘がプロレスデビュー?

父親の赤井 英和が元プロボクサー、母親もボクシングのトレーナーをしていたとのこと。なので、幼少時代から格闘技との接点が身近にありました。なので現在も格闘技が大好きです。

そのような経緯があって、2013年7月3日に、プロレス団体のDDTが開催する試合において、赤井 沙希がデビューすることが決まりました。

プロレスラーとしては細身の彼女!なので、デビューする前には毎日筋力トレーニングを行って鍛えていたみたいです。

そして、2014年12月23日には、プロレスラーなら誰でも憧れるプロレスの聖地後楽園ホールで試合をすることもできました。

赤井英和もよくテレビ番組で、 元UWF の高田延彦さんと親交があってプロレスが大好きみたいです。なので、娘さんもお父さんの遺伝子を引き継いでいるんでしょうね。

赤井 英和の娘はまだいる

赤井 英和の娘は赤井 沙希だけではありません。赤井 沙希さんは前妻との間に生まれた子供です。赤井赤井 英和さんは1993年に現在の奥さんと再婚されてます。

現在の奥さんとの間には長女のつかさがいます。本当は1998年に双子の女の子が産まれていました。しかし早産でなくなってしまいましたね。

なので、前妻の娘さんと今の奥さんの娘さんを合わせると4人いたということになります。

現在の奥さんとの間には2人の息子さんもおられます。よくテレビ番組で親子ともども出演されてますね。

スポンサーリンク