西川貴教と菜々緒の破局理由って?

西川貴教西川貴教と菜々緒の破局理由は、価値観の違いでしょうね。年齢差も18歳菜々緒の方が若いので、わがままな部分も多かったと思います。西川貴教は包容力があるような感じがします。なので、彼女のわがままを最初のうちは何でも聞いてあげていたような気がしますね。しかし余りにもわがままなので、ついに堪忍袋の尾が切れたのだと思いますよ。

西川貴教さんの番組に菜々緒が出演したことで、お互いが惹かれあって交際するようになったみたいですね。わずか2年半とはいえ、楽しいこともあったでしょうから。

婚前旅行と言われたラスベガス旅行からわずか1ヶ月で、破局を迎えてしまいましたね。ラスベガスで何かあったのではなくてあくまでもきっかけでしょうね。今までいろいろ積もり積もった不満が、一つの出来事をきっかけにして爆発したのでしょう。

菜々緒から別れを切り出したそうですよ。そして同居していた西川貴教さんの自宅からは早々に荷物を引き払ったみたいですからね。女の人は心が離れると、ほんの少し前まで恋人同士だったのが嘘のように、感情がなくなってますからね。女の人は、切り替えが早いですから。

西川貴教はガンダムの主題歌を歌っていた。

西川貴教は『機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』でもT.M.Revolutionとして主題歌・挿入歌を歌い、声優としても出演もしている。

確か同じミュージシャンの Gackt さんもファーストガンダムの大ファンとして有名ですよね。しかし西川貴教さんは実際に主題歌を歌ったり声優として出演しているのですごいですね。

西川貴教さんは1970年生まれ。ファーストガンダムが放送されたのが1979年。ど真ん中のガンダム世代ですね。当時はガンプラブームで、おもちゃ屋さんにガンダムのプラモデルが入荷してもすぐに売り切れてしまい、ガンプラ欲しさに小学生がおもちゃ屋さんの前に列を作っている社会現象がありましたね。

私も同じ世代なのでガンダムに関しては非常に思い入れが強いですね。なので、ガンダム作品に関われた西川貴教さんも非常に光栄に思っていると思いますよ。

西川貴教の交友関係とは、?

西川貴教の交友関係はやはりミュージシャンが多いですね。最初に所属していた事務所がBUCK-TICKの事務所であったため、BUCK-TICKメンバーとは先輩後輩の仲で今でも交流があるそうですな。

シナリオライターの北川悦吏子とは、1999年発売の西川の写真集『この声の向こうに』で対談したことをきっかけに、2000年にTBS系で放映されたドラマ『ビューティフルライフ』に出演されました。

やはり番組でのきっかけで仲良くなるケース多いですね。芸能界も一般社会も全く変わらないということですよ。

後輩ミュージシャンの175RのSHOGOとも仲がいいですね。ちなみに彼の元妻は現在世間を騒がしている元 SPEED の今井絵理子ですよね。

スポンサーリンク