西城 秀樹は現在どうしてるの?


西城 秀樹(さいじょう ひでき )、1955年4月13日生まれ。

西城 秀樹は、2003年と2011年の二度にわたって脳梗塞を患ってます。しかし、西城秀樹さんの懸命なリハビリと家族の支えで、現在は、コンサートをメインにして、テレビ番組にも出演されてますね。

西城秀樹さんは、現在、脳梗塞の後遺症で右半身に麻痺が残っている状態。しかし、2016年には70回のコンサートをこなしました。すごいと思います。

2017年5月のテレビ番組中居正広の金曜日のスマイルたちへで、西城秀樹さんの現在の状況やリハビリなどの訓練などがテレビで公開されてましたね。

かなり厳しいリハビリですが、西城秀樹さんによると「ファンが喜んでくれるために頑張る!」とおしゃってましたね。

西城 秀樹は現在の病、脳梗塞って?

脳梗塞とは頭の中の血管が、ストレスや食事や飲酒や喫煙なので詰まることで起こる病気です。脳梗塞の主な原因は動脈硬化と言われています。

動脈硬化とは血管の内側に余分なコレステロールがへばりつき、血管自体を太く硬くしてしまいます。そして、老廃物などを排泄する血流の流れをを悪くしてしまいますね。

脳梗塞とは脳卒中の一つで、日本人の死亡原因の第4位!年間およそ11.4万人の日本人がなくなっています。日本ではポピュラーな疾患ですね。

脳梗塞の原因は、先程も書きましたが、喫煙やアルコール、脂肪分の取りすぎ、運動不足などが挙げられますね。まさに現代病と言える疾患の一つですね。

脳梗塞は、全く自覚症状がありません。なので、突然、脳梗塞で血管が詰まり、倒れてしまうこともあります。そして運動障害としては右半身が不自由になってしまったり、しびれが残ったりしますね。

西城秀樹さんの若い頃は、アメリカなどから洋食が日本に沢山入ってきました。西城秀樹さんは、非常に人気があって忙しかったので、食生活も乱れていたし、仕事のストレスも相当あったと思いますよ。

西城 秀樹は現在、妻とお子さんに支えられてリハビリを頑張ってます!

西城秀樹さんは、現在、脳梗塞の後遺症で右半身に麻痺が残ってます。しかし西城秀樹さんは、長年のファンのためにも元気な姿を見せたいと言う意欲で、辛いリハビリを頑張ってます。

やはり、1人の力だけではここまで辛いリハビリを頑張ることはできませんね。ファンの皆さんはもちろん、最長秀樹さんが、2001年6月30日に結婚された奥さんや、お子さんの支えがあったことは明白です。

苦しいリハビリにめげそうな時にも、奥さんやお子さんの顔を見れば、頑張れますもんね。

スポンサーリンク