竹中直人の事務所は?


竹中直人の事務所は、フロムファーストプロダクション。

フロムファーストプロダクションの初代社長は小口健二。大手芸能事務所のバーニングプロダクションで郷ひろみのマネージャーを経験した後にフロムファーストプロダクションを立ち上げた。現在もバーニングの系列事務所である。

代表取締役には、娘の小口文子が務める。

フロムファーストプロダクションの所属タレントは

  • 本木雅弘
  • 古谷一行
  • 北村一輝
  • 竹中直人
  • 山下真司
  • 石野真子
  • 荻野目慶子
  • フロムファーストプロダクションには、現在芸能界の第一線で活躍している芸能人が沢山、在籍していますね。

    竹中直人の身長は?

    竹中直人の身長は168cm ですね。見た感じ身長のサバを読んでいるとは思いませんね。竹中直人さんは、顔が大きいので、体全体のバランスがちょっと変ですけどもテレビ写りは、顔が大きい方が目立ちますからね。

    竹中直人さんの役柄は、奇抜な役が多いですね。真面目な役もありますが、基本は少し風変わりな人物の役柄が多くなってます。

    竹中直人さんの物真似を見るとわかりますが、どんな役でもこなせるキャパシティーを持っている俳優さんですね。なかなか奇怪な役からお笑い系、シリアスまでできる役者さんはなかなかいないですからね。

    竹中直人のモノマネ?

    竹中直人さんは多摩美術大学在学中に出演した素人参加番組『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」で第18代チャンピオンに輝きました。

    当時はブルースリや松田優作さんの物真似をよくされてましたね。1970年代前半は、ブルースリーなどのカンフー映画や太陽にほえろなどの刑事ドラマが全盛時代です。なので、当時の時代背景を考えると、竹中直人さんの物真似する人選が納得できますね。

    特にブルースリーの物真似に関しては、よく研究していましたね。竹中直人さんいわく、当時は映画館に何回も書いたということです。今のようにブルーレイディスクなどで、何度でも再生したり、スローモーションにすることができないので、映画館で何回も見るしかありませんからね。

    スローモーションにできないので、何とかしてブルースリーの動きや特徴をものにしようとする集中力が高まりますからね。

    1983年のテレビ朝日『ザ・テレビ演芸』のオーディションコーナー「飛び出せ!笑いのニュースター」でグランドチャンピオンになります。

    当時漫才ブームでお笑い界を牽引していた漫才師横山やすしさんから、竹中直人さんの物真似が大絶賛されたそうですよ。横山やすしさんは、辛口の評論で有名ですけど、間違ったことは言わない人です。その証拠に、竹中直人さんはその後に数々のバラエティー番組に出演されて、人気者になりましたからね。

    スポンサーリンク