石田ひかりの旦那はどんな人?

訓覇 圭
画像の出典参照元:日本映画劇場 訓覇 圭

石田ひかりの旦那は訓覇 圭(くるべ けい )で生年月日が1967年5月の京都府京都市出身。

大学在学中は、辰巳琢郎が在籍で有名な劇団そとばこまちに所属していました。訓覇 圭は京都大学の在籍時代に劇団の中核メンバーだったとのこと。大学時代から演劇への関心があったんですね。

劇団そとばこまちは辰巳琢郎をはじめ、生瀬勝久、また現在放送界の一線で活躍している者が多い。劇団そとばこまち時代が現在の活躍の礎になっているんでしょうね。

京都大学文学部からNHK職員になった超エリートです。石田ひかりさんの厳しい父親がすんなり結婚を承諾したのがこの経歴を見れば納得がいきます。

現在のNHK役職は、NHK制作局ドラマ番組部チーフ・プロデューサー。

過去には NHK の大河ドラマ

  • 徳川慶喜(1998年、演出)
  • 功名が辻(2006年、制作)
  • 連続テレビ小説

  • オードリー(2000年、演出)
  • まんてん(2002年 – 2003年、制作)
  • あまちゃん(2013年、制作統括)
  • 2013年には、『あまちゃん』のプロデュースが評価され、東京ドラマアウォード2013 プロデュース賞を受賞しました。

    石田ひかりの旦那との馴れ初めは?

    馴れ初めは朝の連続テレビ小説ひらり(1992年10月5日から1993年4月3日)ディレクターを務めたのがきっかけだそうです。

    石田ひかりさんとは2001年5月に結婚
    石田ひかりさんと訓覇 圭さんとの間には2003年5月31日うまれの長女、2005年1月23日に次女の2児の姉妹がいます。

    かわいい奥さんと高学歴の旦那さんとの間の子供ですから、頭も良くて、かわいいんでしょうね!カトリック系(キリスト教組織が設立母体となっている)の私立学校に通われているとの噂があります。

    石田ひかりさんの旦那の同級生って?

    訓覇 圭さんは洛南高等学校の卒業生です。洛南高等学校時代のの同級生には俳優の佐々木蔵之介がいます。

    因みに本名、佐々木 秀明(ささき ひであき)。蔵之介という芸名は、父親が命名したそうです。
    父親が運営する酒造業と武士の大石 内蔵助(おおいし くらのすけ)を掛け合わせて作った芸名だということです。ポイント

    佐々木蔵之介さんといえばテレビドラマ『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズや『ハンチョウ〜神南署安積班〜』シリーズ、江國香織の小説を映画化した『間宮兄弟』(まみやきょうだい)が有名です。

    佐々木蔵之介さんは、訓覇 圭さんが演出を手がけたNHK連続テレビ小説のオードリー(2000年)で、視聴者からの絶大な注目を浴びます。それから以後、名バイプレーヤー「脇役」として数々の話題作に現在も出演しています。

    オードリーを制作するときに訓覇 圭さんが、佐々木蔵之介さんの出演をプッシュしたのだと思います。やはり、人の縁は、大事ですね。

    関連記事

  • 石田 ひかりがドラマで魅せる禁断の情事の行方とは?
  • 石田 ひかりとゆり子は才色兼備!!
  • スポンサーリンク