生稲晃子が夫と離婚したって本当なの?

生稲晃子が夫・佐山智洋と離婚されていません。全くのデマですね。

佐山智洋の画像はこちらをクリック

生稲晃子さんが2011年4月28日、43歳の誕生日に乳がんが発見され、後に右乳房全摘出をされました。これが原因で離婚されたというデマが広がったんでしょうかね。

まあ確かに女性にとっては、乳房がなくなるということは女性の魅力が半減するということに繋がります。

そして男性は、乳房に対して異常な興奮を覚えるのも確かです。なので、全摘出してしまった生稲晃子さんに魅力を感じなくなって、離婚したと思われたのかもしれませんね。

生稲晃子は現在、夫と一緒に鉄板焼き店を経営している!

生稲晃子は現在、夫婦で鉄板焼き屋を経営し、生稲も時間がある時には女将として店に出ているということですよ。

旦那さんの佐山智洋は、現在は、芸能プロダクションも並行して経営しているみたいですね。芸能関係の仕事だけではなく、広告業の仕事も行っているので、経済的には安定しているということですよ。

生稲晃子さんが2011年に乳がんが発見されてから、身体的にもかなり負担があるので、旦那さんには仕事を頑張ってもらいたいですね。

生稲晃子と夫との間には娘さんが1人います。

2006年3月に第1子(長女)を出産されました。

娘の名前は「遥香」ちゃん。2017年現在で小学校位5年生ですね。

東洋英和女学院小学部」に通っているみたいですよ。この学校は、幼稚園から大学までの一貫校なのでエスカレーター式に進学できるシステムです。親としては受験がないので安心ですよね。

なので東洋英和女学院はお嬢様学校として、世間では有名な学校だそうですね。

母親の生稲晃子さんが芸能界で活躍している姿を娘さんの遥香ちゃんも見ているのでゆくゆくは芸能界デビューするかもしれませんね。

二世タレントは、芸能界でも注目されるので需要がありますからね。業界関係者も大歓迎でしょう。

スポンサーリンク