浅野 温子の年齢は?

浅野 温子(あさの あつこ)は、1961年3月4日生まれの2017年6月現在で56歳です。1986年の10月から1987年の9月まで日本テレビ系列で放映された『あぶない刑事』当時は25歳から26歳だったんですね。

真山 薫役は役柄というよりも浅野温子さんそのものだったような気がしますね。少年課課長の木の実ナナさんとの掛け合いも面白かったですね。

私も毎週日曜日、夜の9時から放映されていたのでよく見てました。

そんな彼女も現在56歳ですか。月日が流れるのは早いもんですね。

浅野 温子の年齢相応の現在か?

浅野温子も私たちと同じ人間です。歳はとります。やはり『あぶない刑事』と『パパはニュースキャスター』、W浅野時代に比べると肌の衰えはぶっちゃけありますね。

目元のくすみやしわ、ホウレイ線はいたしかたないです。ドラマの撮影現場は照明がきついので、肌には非常に良くないです。それに彼女の場合は、喫煙するみたいなんで、体が酸性になる傾向もあり、肌のつやが失われやすいのは事実ですね。

女優さんは体自体が商品なので、お手入れは欠かしていないみたいですね。なぜなら、自分のブログにお肌をケアしている画像がたびたび投稿されていますから。

浅野 温子の年齢が50超えてもチャーミングだな!?

浅野 温子さんは2017年6月現在で56歳ですが、今でもチャーミングですね。あの笑顔を見るとこっちもドキッとします。

私が『あぶない刑事』を見ていた当時は高校生でした。男っぽい感じの口調なのですが、女性らしい優しさが感じがしましたね。仲村トオルさんも当時のインタビューで理想の女性は浅野温子さんだと言ってましたから。

彼女は15歳のときに山口百恵さんの映画(エデンの海)で、山口百恵さんのクラスメート役のオーディションに募集して見事合格しました。そして華々しく15歳という若さで映画界にデビューしました。

相当可愛かったでしょうね。今と変わらぬチャーミングな笑顔をオーディションで見せられたら審査員もイチコロですよ。芸能人の華は努力してつくれるもんではありませんからね。天性のチャーミングな魅力があるんでしょうね。

スポンサーリンク