武田鉄矢の年齢は?


武田 鉄矢(たけだ てつや、1949年〈昭和24年〉4月11日 – )は、2017年8月現在で68歳です。

武田鉄矢がデビューしたのは、1972年(昭和47年)10月25日の23歳の時です。俳優ではなく、千葉和臣・中牟田俊男らと海援隊でデビュー。

海援隊は最初全くブレイクしませんでしたね。しかし翌年の1973年に武田鉄矢がお母さんに対しての心情を歌った「母に捧げるバラード」が大ヒットして、翌年の1974年の紅白歌合戦に出場しました。

俳優としては映画『幸福の黄色いハンカチ』(1977年(昭和52年))でさようなら青年役を好演し、世間の評価を得ます。

そして武田鉄矢のハマリ役のドラマ『3年B組金八先生』(1979年(昭和54年))のヒットとともに主題歌の「贈る言葉」も大ヒットしました。

武田鉄矢の芸能界での出世は早い方ですね。やはり独特の雰囲気を持ったキャラクターなので、ニーズがあるんでしょうね。

武田鉄矢はジャッキー・チェン・ファン?


武田鉄也はジャッキーチェンの大ファンとして有名ですね。武田鉄矢の『刑事物語』シリーズ(1982年 – 1987年 東宝)は、ジャッキーチェンのアクションを模倣したシーンがたびたび登場します。

例えば、「刑事物語3・潮騒の詩」のオープニングのビルからの落下は「プロジェクトA」でジャッキーが時計台から落下する場面のパロディ!またラストのヒットマンとの野原での対決は「ヤングマスター 師弟出馬」のラストの死闘のパロディ!

「刑事物語3・潮騒の詩」で武田鉄矢との共演が持ち上がったみたいですね。しかし当時のジャッキーチェンはまだ世界的に有名ではなかったですけどもギャランティーが非常に高いので刑事物語への出演は断念せざるを得ませんでしたね。

『刑事物語』では、武田鉄矢が独自に開発したハンガーヌンチャクを披露していますね。プラスチックのハンガーヌンチャクでうまくいかなかったシーンが面白かったですね。

武田鉄矢は大阪嫌い?

武田鉄矢は大阪が大嫌いな芸能人として有名ですね。武田鉄矢のお母さんがもともと大阪が大嫌いだったと語ってますね。

大阪弁が嫌いになった理由として、昔武田鉄矢がフランス旅行に行った時に、エッフェル塔や展望台に登って観光していたそうです。そこに関西弁の日本人旅行客が押し寄せ、ガヤガヤとしゃべっていたそうですよ。

その大阪弁を聞いた瞬間にパリの風景が壊れてしまったと武田鉄矢が語ってましたね。それ以来、大阪人が嫌いになったみたいですよ。武田鉄也はかなりのねにもつタイプですね。

スポンサーリンク