武田真治の筋肉がすごすぎる!

武田真治の筋肉がすごいことは一般的にも芸能界でも有名ですよね。武田真治さんの場合は筋肉メリハリがくっきりと現れています。特に体の前面に、大胸筋や腹直筋、上腕二頭筋などは形がくっきりと現れているのでかなり筋力トレーニングを長期間行っているたまものですね。

最近は筋力トレーニングを行う芸能人が増えていますね。例えばダウンタウンの松ちゃんやオードリーの春日などが有名ですね。確かに年齢が40歳以上になると体の衰えが顕著になるので、芸能界の仕事で頑張っていくためにも体力は必要なので鍛えるんでしょうね。

しかし、ダウンタウンのまっちゃんは筋トレやりすぎでしょう。 Y シャツの上から大胸筋がはっきりと見て取れましたからね。なんかイメージ悪いですね。

武田真治のトレーニング内容とは?

武田真治さんはどのようにしてあのような素晴らしい筋肉を作り上げたのでしょうか?

皆さんも気になるところですよね。特に男性の方は、武田真治さんのような体が憧れだと思います。

武田真治さんの場合は、上半身のみ筋力トレーニングを行ってますね。そして主に体の前面を鍛えてますね。背中側のトレーニングはあまりやってない感じがしますね。

武田真治さんによると、大胸筋を鍛えるためのベンチプレスを目いっぱいやってるそうですよ。自宅にトレーニングルームを作り、ベンチプレスは、週に3回行っているみたいですね。

あとは上腕二頭筋を鍛えるためのバーベルカールなども熱心にやってるみたいですね。

特にベンチプレスは90キロを10回上げるそうです。実際に武田真治さんがベンチプレスを行っているシーンを見たことがないので何とも言えません。バーベルのバーを胸まで下ろしてるのか?それとも上の方でちょこちょこと。動かしているだけなのかわかりません。

きちんとしたフォームで90kg10回だと相当強いですね。武田真治さんの大胸筋を見るとかなり発達しているので、バーベルのバーを大胸筋までつけてきちんとやっているような感じがしますね。

下半身のトレーニングは、スクワットなどをやると足が太くなってしまうのでやってないみたいですね。やはり芸能人としては足が太くなる見栄えが良くありませんから。

なので下半身のトレーニングは縄跳びやランニングなどを行ってるみたいですね。つまり有酸素系のトレーニングですね。

最近はボクシングを習ってるそうですよ。ボクシングはかなり消費カロリーが高いので相当きついですから。

武田真治はサックス奏者としても有名です。サックスというのは相当肺活量や体力を必要とします。なので、現役のサックス奏者としてやっていくためにも、筋力トレーニングと有酸素運動は、欠かせないでしょうね。

武田真治の食事内容とは?

武田真治の体は体脂肪が少なく、筋肉のパーツがくっきりと浮かび上がっています。さぞかし食事も気をつけているんでしょうねと思っていました。しかし本人いわく、食事は全く気にしていないみたいです。

高カロリー高脂肪のラーメンなども好きなときに好きなだけ食べているとのことです。しかし、武田真治さんのこの言葉を真に受けてはいけませんね。実際、武田真治さんの体脂肪は6%です。これだけの体脂肪にするには運動だけでは絶対に無理ですから。

ましてや武田真治も40代後半にさしかかり、基礎代謝も落ちているので食事の制限なしにあの体は絶対無理ですね。

もし本当であったとしても、一般の方も参考にはなりません。一般の方であれば食事制限をして体脂肪を減らせないと運動だけではあのような体にはなりませんからね。

スポンサーリンク