武井咲のコンプレックスは太い脚だった。!

武井咲の身長は163cmで体重は公表されてませんね。しかし、現在の武井咲さんを客観的に見ると46キロから48キロの間ではないでしょうかね。

武井咲のコンプレックスは、太い足だそうですね。学生時代にバスケットボールをやっていたという事もあって、大腿四頭筋の筋肉が非常に発達してますね。本人は非常に嫌だそうですよ。

確かに、武井咲の清楚なイメージと筋肉質は、イメージ的にマッチしていませんからね。

太い足を隠すために、テレビではミニスカートは入ってませんね。ほとんどが膝上のスカートをはいているイメージがありますよ。

武井咲が好き芸能人はあのお笑いタレントだった。…

『日経エンタテインメント!』2011年5月号seventeeでのインタビューでは、シャンプーハット小出水が好きであるとコメントしてましたね。これも事務所がこれにしとけと言われた芸能人っぽいですね。

小出水は、お笑い芸人としてはそれほど売れておらず、ほとんどの人はあまり知りませんからね。それに、ルックスもそこそこなので、もし小出水を検索して画像を見ても武井咲のイメージダウンにはならないですからね。

GLAYのベーシストのJIROが好きだそうですね。そういえば、TAKAHIROにルックスが似てますよね。

武井咲は中性的な男性が好きなようですね。ということは武井咲自身が実は男っぽい正確なのかもしれませんよ。

武井咲の清純派のイメージが崩された。…

武井咲は顔立ちからも清純なイメージが一般的には強いですよね。しかしで「清張作品史上最強」と名高い“悪女”原口元子を演じることによって、武井咲の今までのイメージが覆されましたね。多分、清楚なイメージの彼女なので、逆にギャップがあって、役がマッチしていたのではないでしょうかね。

黒革の手帖の放送直後の Twitter では、武井咲の迫力ある演技に高評価のツイートが多数寄せられたみたいですね。

武井咲は黒川手帳の原口元子を演じるに当たって、女優の米倉涼子の演技を参考にしたみたいですね。確かに米倉涼子のきついイメージと演技は参考になりますからね。

武井咲本人も悪女を演じるのは非常に気持ちいいとコメントしてましたね。普段は、清純派の自分を創り上げないといけないので、真逆の悪女を演じると、気分がすっきりするのかも。というか、武井咲自身がもともとは気の強い性格で普段は、おとなしいイメージをテレビの前で演じているので非常に疲れていることも考えられますね。

スポンサーリンク