柴田恭兵は現在2017、入院してません。

柴田恭平さんは2006年7月に初期の肺癌と判明しました。すでにがんの摘出手術は完了しており、その年の8月中旬に退院しています。

抗がん剤治療はかなり体に負担がかかるので、大変だったと思います。柴田恭兵さんの奥さんやお子さんも心配だったでしょうね。それに、ファンの皆さんも心配だったと思います。

2005年に人気テレビシリーズを映画化したまだまだあぶない刑事の翌年にがんが発見されたということになりますね。

初期の肺癌だったので、不幸中の幸いでした。しかし、肺癌は、再発する確率も高いがんです。だいたい50%の人が再発と言われています。

柴田恭平さんの場合は、手術してから10年以上経った2017年現在、肺癌が再発していないので大丈夫そうですね。

柴田恭兵は現在2017年、入院どころか元気です。

柴田恭平さんは2006年に肺がんを患いましたが、手術をして10年以上経った現在、すこぶる元気です。大好きだったタバコはさすがに、肺には非常に良くないのできっぱりと辞めたみたいですね。

あぶない刑事の出演シーンでもよくタバコを吸っていましたもんね。役柄だけじゃなくて、日常生活でも相当なヘビースモーカーだったと聞いています。

健康のためにも家族のためにもそしてファンのためもあり、あっさりたばこをやめていたと思います。

タバコはきっぱりと辞めましたが、食事内容やアルコール類の制限はしていないとのことです。確かに、すべてを制限ししまうとストレスがたまって余計体に悪いですからね。

がんの手術を受けて10年後の2016年にあぶない刑事の最終章であるさらば あぶない刑事(2016年)の記者会見の姿を見ると、以前と変わらぬ柴田恭兵さんがインタビューを受けてました。

肺がんの再発はなさそうですね。

柴田恭兵とは…

柴田 恭兵(しばた きょうへい )は、1951年8月18日、静岡県清水市うまれ。

東京キッドブラザースに入団して舞台でデビューします。そのあとに村川透さんのお眼鏡にかかり、石原裕次郎や渡哲也が出演していた大都会 Part2に出演が決定します。

その後は、沖雅也が主演の俺たちは天使だに出演して注目を集めます。そのあとに舘ひろしとのコンビで出演したあぶない刑事で大ブレイクします。

その後は数々のテレビシリーズや映画に出演しています。アクションだけではなくて、ヒューマンドラマ系もこなせるのでオールマイティーな俳優さんですね。

スポンサーリンク