松下 由樹の年齢いくつ?

松下 由樹(まつした ゆき)は、1968年7月9日、北海道名寄市生まれ。2017年6月16日現在で48歳です。本名、松下 幸枝(まつした ゆきえ)。

所属事務所は、アミューズからイエスコレクティッドに移籍(松下の個人事務所)。168 cmの長身で血液型O型。

確かに思い出に変わるまでのドラマ出演の時が1999年ですから22歳。その当時から見ると、代謝が悪くなったせいもあってか若干太ったような感じですね。

体型を見ると太りやすそうな感じがしますから、年齢的にも体脂肪がつきやすいので太ってきたのかな?

松下 由樹の年齢15歳の年にデビュー!

松下由樹は1983年12月17日に全国公開された『アイコ十六歳』のオーディションの時が15歳になる年齢です。その当時の映像を見ると当たり前ですけど、初めてのマスメディアへの登場あってか緊張してますね。しかし、10代前半なので肌のハリがあります。

『アイコ十六歳』は映画監督:今関あきよし、音楽:桑田佳祐、主演が富田靖子と豪華な顔ぶれですね。

実はサザンオールスターズの桑田佳祐・原由子夫妻とは今でもとても仲が良い。この映画がきっかけで親しくなったでしょう。

サザンオールスターズの共同プロデュースだった小林武史さんと知り合うのもこの頃ですね。結局8年間つき合って1995年に別れたとのことですね。

サザンの共同プロデューサーであった小林武史とは1987年から8年間交際し、結婚寸前と言われていたが1995年に破局した。

小林武史さんはサザンオールスターズだけではなくて Mr.Children のプロデューサーもしてましたから。すごい人物です。

松下 由樹の年齢16歳の年にダンス留学!

『アイコ十六歳』の年にアメリカにダンス留学で、渡航します。ちょうど高校生の年代なので、アメリカの高校に通いながらダンスのレッスンもしていたのでしょう。そしてい高校卒業(1986年)すると同時に、日本に帰ってきます。

1987年アメリカから帰国後は、NHK『ヤングスタジオ101』で、ダンサーとしてレギュラー番組の座を獲得します。このあたりがすごいですね。女優として成功しているにもかかわらず、ダンサーとして認められレギュラー出演を決めるのですから、相当ダンスのセンスがよかったのかな。

その後はテレビドラマで活躍。1990年の TBS 想い出にかわるまででは結婚間近のお姉さんの彼氏を奪ってしまうという印象的な役柄で、世間の注目を浴びましたね。

当時は余りにも真に迫っていたので、視聴者からのバッシングがひどかったと言ってました。

1996年の『ナースのお仕事』は準主役でしたが、主演の観月ありさ演じる看護師・朝倉いずみとの掛け合いが面白かったですね。結局第4シーズンまで製作されて映画化もされました。

ドラマやテレビだけではなくて、ココリコミラクルタイプにも出演してました。コント中心の出演でしたが、強烈なキャラクターを演じていて、今でも印象に残ってます。

憎たらしい上司の役や、男性恐怖症の女性などの偏屈気味な女性を演じることが多かったですね。バッチリはまっていて、笑わせていただきました。

今後もドラマやバラエティーで活躍することが期待されますね。

スポンサーリンク