木村 拓哉の娘の画像が、見たい!


木村拓哉さんと工藤静香さんの間には2人の娘さんがいます。長女の木村心美(きむら ここみ)と次女の光希(みつき)。

心美は、幼少期は母親の工藤静香さんにそっくりですね。現在(2017年7月現在)は、父親の木村拓哉さんに似てきましたね。といっても、心美はサングラスをかけていたり、顔にはモザイクがかかっているのではっきりした顔はわかりませんが、現在の顔立ちはキムタクそのものですね。

木村心美は、2001年5月1日生まれなので2017年7月現在では16歳で高校一年生ですね。母親の身長よりと同じぐらい(163cm )で、スリムですね。

次女の木村光希の画像を探したのですが、0歳ぐらいの年齢の時の写真しかありませんね。

木村光希は、2003年2月5日生まれ。2017年7月現在では、中学二年生です。木村光希は、ダウン症との噂もありますが、定かではありませんね。しかし、光希の写真が出回っていないのが、確かに不可解ではありますが…

ダウン症は、特徴的な顔立ちなので、すぐにわかります。なので、木村光希の顔写真を公表しないとの噂もありますね。真意は定かではありませんが…

木村 拓哉の娘の現在の姿が見たい!

木村心美が、2017年の4月に桐朋女子高等学校音楽科に入学したのではないかとの噂がありますね。

工藤静香さんと木村心美が入学式に向かっている画像がスクープされてましたね。心美の顔にはモザイクがかけられています。関係者によると、心美は父親の木村拓哉さんに顔立ちがそっくりだそうですね。身長は母親の工藤静香さん(163cm )と同じぐらいです。スラッとした知的な雰囲気を感じる女性ですね。

木村心美の現在の画像はこちらをクリック

木村心美は、次女の光希と一緒に幼少時からフルートの個人レッスンを受けており、数々のフルートのジュニア大会で優勝されてますね。

木村心美が、16歳を迎える高校受験の際に、都内でフルートを真剣に学びたいと言う意向を両親に伝えたそうですね。そうなると、都内でフルートなどを学べる高校は桐朋女子高等学校音楽科だけですね。女子高校と書いてますけど、桐朋女子高等学校音楽科をネットで検索すると男女共学みたいですね。

そして、桐朋女子高等学校音楽科は、桐朋学園大学の付属高校です。なので、将来的には木村心美は、桐朋学園大学に進学することも視野に入れているんでしょうね。

木村 拓哉の娘は、帝王切開!

木村心美を出産した時は、母親の工藤静香さんは帝王切開だったそうですね。つまり相当難産だったということです。

wikipediaの帝王切開に、帝王切開の手術の方法が記載されています↓

方法
腹式帝王切開
現在最も一般的な方法。手術時間は通常1時間弱、長くても大抵2時間程度である。以下に術式の一例を記す。麻酔は通常は腰椎麻酔で実施するが、緊急時は全身麻酔となる。分娩期の妊婦はFull stomach とみなして、Crush Induction という、マスク換気をしない特別な気管内挿管法が用いられる。すべての麻酔薬は胎盤を通過して胎児に影響を及ぼすために、全身麻酔下の帝王切開術は時間との戦いになる。

皮膚切開
「縦切開(正中切開)」と「横切開」がある。旧来は「縦切開」が多かったが、現在では美容的観点より「横切開」が多くなっている。「横切開」は、皮膚割線に一致していることと、恥骨結合上縁の陰毛の上端辺りを切開するため、手術痕が目立ちにくい点があり、そのためビキニ着用も可能である。縦切開は若干手術操作が簡便であり、緊急帝王切開においては通常縦切開である。

参考サイト:wikipedia

帝王切開では、胎児を子宮から直接取り出す方法みたいですね。なんか、それだけを聞くと、ホラー映画みたいで怖いですね。

余談ですが、木村心美を出産する前に、安産の神様がいる神戸水天宮に木村拓哉と工藤静香夫妻が、参拝に訪れたということです。

木村心美を出産した時の工藤静香さんの年齢が、31歳です。特別、高齢出産ではありませんが、一般的に女性が出産するのは20代前半が多いので、工藤静香さんは自分の年齢とは一般的な出産年齢を比較して、心配になったのでしょう。

スポンサーリンク