明石家さんまの弟の死因とは?


明石家さんまさんの義理の弟が、1982年にさんまさんの実家が火事になったのでなくなってしまいました。当時、明石家さんまさんが27歳で義理の弟が19歳の時です。

1982年といえば、明石家さんまさんが俺たちひょうきん族で、ビートたけし演じるタケちゃんマンとブラックデビルや怪人アミダ婆が対決している時期ですね。

当時の写真週刊誌には、明石家さんまさんの義理の弟さんがみずから命を絶った?との報道もされてましたね。事実かどうかはわかりません。しかし、さんまさんの実家の家業を継ぐことなどの後継者問題で悩んでいたともありました。

明石家さんまが弟の死因についてどう思ってるの?

明石家さんまさんの義理の弟さんが亡くなったことについてどう思っているんでしょうかね?

明石家さんまさんのコメントによると、「いまだに納得できません。弟が亡くなったなんて…。弟はみずから命を絶つような人間じゃない。もし悩んでいたら僕に必ず相談していたはずです!」とコメントしていました。

明石家さんまさんが今まで生きてきた中でこれほど泣いたことは無いと言うぐらいですから相当ショックだったと思います。

その証拠に明石家さんまさんは絶頂期の1982年に一度芸能界を引退することも考えたぐらい落ち込んだそうですから。

明石家さんまは弟と仲がよかった?

明石家さんまさんと義理の弟は仲がよかったです。明石家さんまさんも義理の弟もサッカーをやっていたという共通点があり、お互い尊敬し合ってたみたいです。

というか、明石家さんまさんが義理の弟を誇りに思ってたみたいです。なぜなら、義理の弟はサッカー部のキャプテンを務めていて、インターハイにも出場し、国体にも選手として選ばれたぐらいサッカーの才能に恵まれていました。

2人でW杯を見に行こうと約束していたみたいですね。弟さんとの約束が達成されず明石家さんまさんも心残りだったでしょうね。

明石家さんまさんと弟さんは、血が繋がっていません。明石家さんまさんの実の母親がさんまさんが3歳の時に亡くなります。そして、父親が再婚した相手には連れ子がいました。その連れ子が19歳で亡くなられた義理の弟さんです。

再婚した後妻は明石家さんまさんを血が繋がっていないという理由で可愛がらなかったと言ってましたよ。

しかし、明石家さんまさんは血が繋がっていない義理の弟が明石家さんまさんを尊敬し慕ってくるので、チビと言ってかわいがっていたそうです。ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク