岸田 森の死因が知りたい!


岸田 森(きしだ しん)1939年10月17日生まれ。

岸田 森の食道ガンです。1982年(昭和57年)、12月28日午前4時59分、食道ガンが原因で43歳の若さで逝去されました。食道は、喉と胃の間をつなぐ臓器です。長さが25cmで太さが2センチぐらい、厚みが4ミリです。食道は、口から摂取した食物や飲料物を胃へ送るための臓器ですね。

何らかの原因で食道内部の粘膜が傷つき、がんが発生して体を蝕んでいく恐ろしい病気ですね。

43歳と若いですね。私もよく、岸田森が出演している円谷作品はよく見てました。特に帰ってきたウルトラマンは、幼少時に再放送で何回も放映されてましたね。

団次郎演じる郷秀樹の師匠でもあり、兄貴的な存在の坂田健が印象に残ってますね。あとは、探偵物語で、松田優作さんとのコミカルな演技が印象にありますね。

岸田 森の死因の原因は何?

岸田信さんの食道癌の原因は、お酒だと思います。岸田森さんが生前の頃は、大の酒好きとして関係者からは有名でしたね。

1973年に日本テレビで放映されたファイヤーマンでは、共演者の睦五朗と共謀して、出演者同士で飲みに行くスケジュールを組んでいたみたいですから。

また、趣味の一環としてスコッチ・ウイスキー収集を行っているほどの大の酒好きでしたね。

お酒は、食道の粘膜を刺激、破壊し、そこから癌が発生する確率が高いです。なので、岸田森さんも大量の酒を毎日摂取することで、食道癌に至ったのだと思われます。

岸田 森の葬儀には個性派有名俳優ばかりが集まった!

岸田森さんの葬儀には、そうそうたる個性派俳優たちが集まりましたね。ショーケンこと萩原健一、傷だらけの天使で共演し、現在は、相棒で人気の水谷豊さん、探偵物語で共演した松田優作さん、岸田森さんを弟分としてかわいがっていた勝新太郎さんのお兄さんである若山富三郎さん。

岸田森さんの葬儀で、若山富三郎さんが当時語っていたコメントは、「こんな事態になるんだったら、お前を殴ってでも絶交してても酒をなんとしてでもやめさせるべきだった。後悔している!」とおっしゃってましたね。

1970年代に活躍した俳優さんはお酒好きが多いですね。仲間内で親睦を深める意味で、毎日のように飲み歩いていたんでしょうね。しかし、お酒は適量なら体には問題ありませんが毎日摂取すると、食道や胃の粘膜、腎臓がダメージを受けてしまいます。

なので、1970年代に活躍した人気俳優さんたちは、40代で亡くなる方が多いですね。松田優作さんにしても40歳で膀胱がんで亡くなってますから。

スポンサーリンク