小島 聖は登山にはまりまくってる!


小島 聖(こじま ひじり)は、1976年3月1日生まれ、2017年7月現在で41歳です。東京都出身。

小島 聖は今。登山にはまりまくってます。もともとは小島聖の父親が登山が趣味で小さい頃に家族全員で頻繁に登山に行っていたということです。

その証拠に、「聖」という名前の由来が父親が大好きな聖岳(ひじりだけ)が由来だそうです。自分の娘に好きな山の名前をつけるぐらいですから、相当登山が好きなお父さんだったんでしょうね。

聖岳(ひじりだけ)と言えば、南アルプスに位置する標高3,013 mの山で日本百名山に選定されている有名な山です。

小島 聖は登山にはまりまくるきっかけは?


2010年頃に BS 日テレの登山番組の登る女に小島聖が出演したのが登山にハマるきっかけになりました。

上でも書きましたが、小島聖の父親が登山が趣味で小さい頃、週末に登山に行っていた元体験があります。当時の記憶がよみがえり、登山にのめり込んでいったと考えられます。

小島聖は富士山、穂高岳、屋久島等の山を登頂しました。日本の山々だけではなくてヒマラヤやチベットなどの海外の山にも積極的に登頂しました。

小島聖は確かに山が大好きですが、ここまで登山にのめり込んだ理由があります。

小島聖は2000年に清永浩文(裏原宿系ブランドSOPHNET.(ソフネット)の有名デザイナー、経営者)と結婚しました。清永浩文が経営するアパレルブランド「ソフ」は、瞬く間に業績を上げ、裏原宿の人気ブランドにのし上がりましたね。

しかし、清永浩文は仕事が忙しくなって毎日深夜に帰宅することが多くなり、小島聖とのすれ違いが多くなりました。やはり、経済的に幾ら豊かであっても、話し合ったりスキンシップの時間がないと心が離れていってしまいますね。

小島聖も仕事での悩みや人生に対しての悩みがいろいろあったでしょう。夫が忙しくなって、誰にも相談できない状態になると夫への愛情が冷めてきたんですね。

心の不安を埋めるために、登山にのめり込んでいったんでしょうね。上でも書きましたが、 BS 日テレの登山番組に出演して幼少期の記憶がよみがえり、より登山にのめり込んでいったのは当然のことでしょうね。

小島 聖は登山以外にマクロビオティックにもハマる!

小島聖は登山だけではなくてマクロビオティックにも熱を入れてます。マクロビオティックとは自然食品をベースにして健康的な生活を送ることです。なので食事はオーガニックな食材がメインになりますね。

なるべく農薬を使っていない玄米や自然食品などを調理して食します。小島聖さんはマクロビオティックの資格を取得するぐらい熱心でマクロビクッキング教室を開くぐらいの腕前です。

小島聖さんの公式ブログにもたびたび料理が掲載されてますよ。

小島聖の公式ブログはこちらをクリック

スポンサーリンク