小倉智昭、膀胱がん

「とくダネ!」の人気キャスターの小倉智昭が2016年5月13日、初期の膀胱がんを公表し、翌週の5月16日から手術のため1週間休養。5月17日手術、5月21日に退院し、5月23日に「とくダネ!」の番組復帰を果たしました。

小倉さんのコメントによると、2015年の末からトイレに行ったら血尿を見つけることがあったらしいです。なので、全身をくまなくチェックしてもらうことにしたそうですよ。そしたら、膀胱に小さながんがあるのを発見したそうですね。初期の膀胱がんだったので、5年間の余命生存率は95%らしいですね。

膀胱がんの場合は、痛みのない血尿が出るみたいですね。なので、膀胱がんの初期症状がわかりやすいので、異常があればお医者さんに検査してもらえば良いですからね。

膀胱がんになられた方の80%の初期症状は、血尿だということですから。なのでがんの中でも初期症状で発見しやすいので.生存率が高くなってますね。

芸能人やテレビ関係者では、立花隆・田中康夫・菅原文太等が膀胱がんになってます。しかし、初期症状だったので膀胱の全摘出を行えばがんが転移することはありません。そして、自分の腸を使用して、新しく膀胱を作ることが可能になってます。すごい世の中やね。

なので、膀胱を全摘出しても今までと変わらず、排尿できるようになります。

膀胱がんといえば松田優作さんですよね。膀胱癌と自分自身で知りながら、ハリウッド映画のブラックレインの撮影に臨むため、膀胱がんであることを隠して出演しましたね。もし、ブラックレインの撮影をキャンセルしていれば、松田優作さんもう死なずに済んだと思われます。松田優作さんは死と引き換えにして、ブラックレインに自分をかけたんでしょうね。

ブラックレインで見せた迫真の演技の裏側には壮絶ながんとの戦いがあったということです。

小倉智昭、競馬が大好き。!

小倉智昭は、高校生時代から競馬をやっていたみたいですね。

しかし法律上は違法ですね。競馬法第28条には、未成年者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。と記載されていますから。まあ今になっては時効ですけど。

競馬をやっていたおかげで東京12チャンネルでは、競馬中継の実況アナウンサーとして人気を博しますね。当時の競馬ファンからは、競馬中継なら小倉智昭というぐらいの熱い支持を受けました。やはり、高校時代から競馬をやっているだけあって、競売の知識や経験が半端なくなるので、競馬ファンには共感できる部分が沢山あり、彼の人気に拍車がついたのでしょうね。

しかし、小倉智昭の大活躍する姿を厄介に思う人も沢山いましたよ。小倉智昭が若くしてアナウンサーとして人気が出たことに同期のものからは反感を買いましたね。やはり、人が成功するのはむかつくでしょうね。

小倉智昭、カツラの着用!

小倉智昭さんといえば、以前からカツラ着用疑惑がありました。現在は自分でも公言していますね。

よく、イニシャルトークでの芸能人の噂話でカツラ着用の芸能人などでよく小倉智昭さんの名前が出てましたね。見るからにカツラですから!

小倉智昭さんが出演している特ダネで、カツラが取れた動画が YouTube にアップされてましたね。しかしこれは合成らしいですよ。私も拝見しましたが、確かに本物っぽいですけど少し不自然な部分もありましたからね。画面に向かって左隣にいたフジテレビのアナウンサーが、小倉智昭さんのカツラが取れても何も反応しなかったので不自然でしたもんね。

スポンサーリンク