大谷翔平 160キロ3度計測

○ソフトバンク4-3日本ハム●(札幌ドーム・8月31日)の試合で大谷翔平は、160キロの球速を3度計測しました。

日本ハム大谷翔平は、今回1ヶ月半ぶりの先発投手として期待されていましたが、4回途中で降板しましたね。4失点という汚名を浴びてしまいましたね。

まだまだ若い23歳ということもあって、投球内容も荒々しさが目立ちますね。やはりまだまだ経験が足りないというところですか。

やはりコンディションが良くないときでも、何とか完封してみせるメンタルが鍛えられれば、とんでもない逸材になりますね。

米大リーグの10球団以上が視察する中、緊張した部分もあったと思います。若い逸材の今後に期待したいもんですね。

大谷翔平の最速は何キロ?

日本ハムの大谷翔平の最高スピードの球は、165キロです。日本のプロ野球界では最速投手が大谷翔平ですね。

大谷翔平の場合は、プロ野球史上でも珍しいと投手と野手を両立する「二刀流」選手として有名ですよね。

イチローもそうですけども、才能のある人は何でもできるんですよね。多分小さい頃から野球をやっていたと思いますけど、どのポジションについてもそつなくできていたと思います。そして投手というポジションが大谷翔平は一番ぴったりと来ていたと思いますね。本当とんでもない男です。

大谷翔平の身長と体重とは?

大谷翔平の身長は193cm、体重は97キロとありますね。まだまだ線が細い感じがします。まだ23歳と若いのでこれから、ピッチングに必要な筋肉をつけれていけば、102キロぐらいまではいくんじゃないですか。

無理やり筋力トレーニングで筋肉をつけるというよりも、ピッチングに必要な筋肉を野球の練習で地道に作っていって欲しいですね。そうしないと体のバランスが崩れて、スピードが落ちてしまいますね。

スポンサーリンク