大島 康徳の病気は何?

大島 康徳の病名は大腸がんです。肝臓に転移しており、ステージ4です。小林麻央さんと同じ乳がんでステージ4です。大島 康徳の奥さんも過去に子宮癌を患った経験があるみたいですね。

自身のブログで2016年の10月下旬頃に大腸がんになったことを公表しています。大腸がんの手術は終了して現在は抗がん剤治療を行っているそうです。

大腸がんというのは日本人の死亡率で見ると女性だと第1位で、男性であると第2位です。確かに、大腸がんの発症率は高いですね。やはり食生活が欧米化してきて、大腸内に悪玉コレステロールがたまり、がんを増殖させているのですね。

男性だと50代60代に多いですね。

大島 康徳の病気だが元気なの?

BIGLOBE のブログからアメブロに移転しました。その原因としてはやはり、がんの治療にはお金がかかるので、アメブロでお金を稼ぐ意味もあったでしょうね。

そのブログ内で大島さんは、手術後も元気で頑張っていると報告しています。確かにステージ4なので、かなり危険な状態であるのは間違いありません。

がん細胞が肝臓にも転移しているので、死亡率が高いのは否めませんが、頑張って欲しいものです。

大島 康徳の病気だが家族反応は?

大島康徳の息子は大阪NSCを経て、現在は吉本興業所属のお笑い芸人(大島雅斗)です。

大島雅斗は超がつくほどのアイドルオタクで、中でもNMB48が大好きです。なので地元の東京の NSC には行かず、大阪の NAC の養成所の試験を受けたことからもわかります。

NMB48のメンバーの方と結婚するのが夢だそうですよ。たびたびネタとして父親の話題をすることもあったみたいですね。

しかしさすがに、お父さんの大腸がんの話については話のネタにしてないみたいですね。病気が病気だけに本人としても辛いですからね。

スポンサーリンク