夏目 雅子の旦那はモテ男?


夏目雅子(なつめ まさこ)1957年12月17日 – 1985年9月11日、享年27歳。本名、西山雅子(にしやま まさこ)。旧姓、小達雅子(おだて まさこ)。

夏目雅子さんの旦那さんは伊集院静さんです。1950年2月9日生まれの2017年6月現在で67歳です。本名は西山 忠来(にしやま ただき)。

伊集院静さんの作家としての代表作は直木賞を受賞した『受け月』(1992年)が有名。『機関車先生』(1994年)『ごろごろ』(2001年)など。

作詞家としても有名ですね。第29回日本レコード大賞で、近藤真彦さんが歌っていた「愚か者」で大賞を受賞しましたね。当時はこの曲がよくテレビで流れてましたね。今歌詞を聴くと、伊集院静さんの苦悩が感じられます。日本人と韓国人の間に生まれた身分なので、自分の安息の場が欲しいという心の叫びが、感じられますね。

夏目雅子さん以外の女性と2回結婚しています。1回目は夏目雅子さんと結婚する前の広告代理店時代です。お子さんもいますね。そのあとに夏目雅子さんと結婚。夏目雅子さんが急性骨髄性白血病で亡くなった後に女優の篠ひろ子と3度目の結婚。

経済力も才能もあるし、影の部分も女性からみたら魅力的に見えるんでしょうね。私がついていないとこの人どうなっちゃうのかしら?と思わせる魅力ありますね。

夏目 雅子の旦那の現在?

現在は1992年に結婚された女優の篠ひろ子さんと仙台に在住しています。篠ひろ子さんの実家が宮城県仙台市ですね。

伊集院静さんは現在も作家活動を続けてますよ。さすがに若いときのように意欲的な作品はありません。しかし何かと忙しいらしく、取材などで海外に行ったりしてあまり家にいないということです。

たまに伊集院静さんと篠ひろ子さんがテレビに出てるときがありますね。今でも仲がよさそうです。

夏目 雅子の旦那は在日韓国人?

父親が韓国人で母親が日本人。なので、在日韓国人2世になります。日本に帰化前の氏名は、趙 忠來(チョ・チュンレ)です。

山口県は、在日韓国人が多いですね。松田優作さんもそうですね。山口県の対岸が韓国なので、フェリーで韓国人が日本へ大量に出稼ぎに来ていたんでしょうね。

そして日本の男性、女性と結婚して、在日韓国人二世の人が増えたんだと思います。今は偏見などはほとんどありませんが、昔は厳しかったでしょうね。なので、負けん気が強い心が育まれたのでしょうね。

スポンサーリンク